排水機場調査

こんにちは、新入社員の宮本です。

最近は排水機場の現地調査に同行させていただいております。

皆様の近くの川にもこういった施設があるかと思います。

 

私の勉強を兼ねて、

排水機場は大雨時や豪雨時に河川の支流や雨水幹線等の流れが悪くなった時に、場内にある大きなポンプを作動させて雨水を河川の本流へと放流し、市街地や農地への浸水を未然に防止する役割を担っています。

 

コレが今、構造物に大きなひび割れが無いかどうか、排水ポンプ自体に問題がないか等の調査を一つ、また一つと調査させて頂いております。

私を含め皆様の家屋が水没しないように、しっかりと調査させていただきます。

 

 

と、冬の冷たい川の水に浸りながら使命感に燃える宮本でした。

目の前の業務に全集中で、今日も一日頑張って参ります。

関連記事

  1. 砂防ダム調査
  2. 違いが分かるように
  3. 治山施設調査
  4. 国道476号道路詳細設計を担当しました。
  5. ポンプ点検

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP