砂防ダム調査 ~2年目~

こんにちは、宮本です。

昨年に引き続きまして、砂防ダムの現場調査に同行させていただいております。

 

私の勉強を兼ねて、

砂防ダムとは土砂を貯めることを目的として山の上流に建設されています。大雨が降った時に砂防ダムによって河川の流れを緩やかにし、山から一度に大量の土砂が流出するのを防げるようになります。結果として下流にある住宅地域等への土砂災害を防止するのに役立っているのです。

 

今年は砂防ダムを少し見る余裕が出てきたのか、山の地形に応じた様々な構造や形状があり、建設や設計をなさった方の思いや知識に感服いたしました。

 

 

 

あ、川上測量コンサルタントは

砂防ダムの設計にも携わっております。

 

そして今日も見えない所で人々の平和の為に役立っているのだな、と改めて思いました。

 

調査にあたり草木の伐採を行う事よりも、終了後の自分から出る汗の匂いの方が辛い宮本は、今日も一日頑張って参ります。

 

 

 

関連記事

  1. ポンプ点検
  2. 国道476号道路詳細設計を担当しました。
  3. 排水機場調査
  4. 砂防ダム調査
  5. 排水機場調査
  6. 違いが分かるように
  7. 治山施設調査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP